« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

★龍之介のバースデー

Ryu1

            バースデーケーキ

       目の前にして「待て!」と言われて

                1分

          長い時間ではないけれど

            辛い長い待つ時間

Ryu2

               ねえ!まだ!

          龍之介の訴えるような目が・・・・・

           ケーキは見ないようにしている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★スミレの青い花

Photo_2

               木蔭から

           青い空を見つめていた

              少女だった頃

1

       スミレの花の青さがまぶしくて・・・・・

      スミレの花の可憐さが羨ましくて・・・・・

          小さな花束にしてみた

  憬れの人はいたけれど差し出すことはできなかった

          遠い昔の思い出の花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★後姿

Photo_1

         ガーデニングが好きだから

       こんなスタイルで花作りをしたくて

         夢を壁掛けに表現してみた

   本当は赤いシャツを着せたかったのだけれど

     手持ちの端布にはなかったから・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★福寿草

1

      松本から電車に乗ってやってきた父

  農家の父は長年の苦労から腰が少し曲がっていた

       その腰を伸ばすように歩きながら

    スーツケースから大事そうに取り出したのは

            福寿草の鉢だった

2

     その日から我が家の住人になった福寿草

        25年目の今年も花が咲いた

        父は他界してしまったけれど

    この花の中に父の姿を探す私がいる・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★ヒイラギナンテンのつぶやき

4

                 私は嫌われ者

             葉っぱが痛いからと嫌われる

             だから綺麗な花を咲かせたい

             私を嫌う人を見返したいから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★三つ葉の小さな白い花

Photo

             小さな声でそっと囁く

               私に気づいて・・・・・

                 私の声を聞いて・・・・・

             ここにいるのよ

             僅か1~2ミリの花

                白い花

             気づいてあげて下さいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★窓の月・・・・★花です

02201_1

            窓の月という椿の花に・・・

             恥ずかしげにうつむいて

         そっと顔を上げる様子は乙女のしぐさ

               矢絣を着て恥らう

                昔々の女学生

02202_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★折り紙細工 傘

0218kasaorigami

               春が来て蝶が舞い始めると

          穏やかな瞳でその舞を見つめていた母の姿

                    思い出します

                    着物の柄も蝶

               やがて洋服を着るようになっても

            蝶の模様をどこかに刺繍で入れていた母

             そんな母の幾つかの傘の作品の中で

                  これは私の好きな蝶

| | コメント (0) | トラックバック (1)

★思い出のフキノトウ・・・ポエム

0217fukinotou2

                 40年も前の

           信州松本は雪深い日も多かった

                  春が来て

           雪の中から芽を吹いたフキノトウ

        母は待ちかねたようにフキ味噌を作った

            苦味が口いっぱいに広がる

         今では私の十八番料理になっている

0217fukinotou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★防犯ベルその一つが命を救う・・・

02131bouhannberu

     小学校の入り口

     こんな旗がひらめく・・・

     むなしい世の中になったなと憂いたくなる

     いつからこんな環境が出来てしまったのか?

02132risu

     小学校に続く裏山の石垣の上でのんびりと食事中のリス

     あなたは幸せね

     ふと話しかけて見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★廊下ーポエム

0212rouka

いつも聞こえていた声がない

あの賑やかだった人の声は夢だったのだろうか?

静まり返った廊下は何処までも静まり

かっての話し声が行き場を失ったようにさまよう

広すぎる家は

今では人よりのある時だけの場所になり

生活空間は端に寄ってしまった

かっては母の元気な声がこだましたこの廊下に

時折ノラネコちゃんが昼寝をしているという

母の姿を探して・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★マーガレット・デイヴィス・ピコティー【椿4】

0211magarettodeivisupikoti

       マーガレット・デイヴィス・ピコティー

        オーストラリアで生まれたと言う

         ボタンの花を思わせる花びら

      明るい紅色が輝く大輪で華やかな一輪

     冬の庭を一段と明るく華やかに彩って・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★エレガンス・スプレンダー【椿3】

0208erwgannsusupurennda

          エレガンス・スプレンダー

    日本の椿の花とは違って優雅に咲く外国産

     花の中心が凸面のかたまりになっている

     いわゆる唐子咲きでピンクだからやさしい

        淡いピンク色をした花弁の縁が

      透き通るような白さを帯び深い鋸歯が

          華やかさを演出している

               1831年

   イギリスのアルフレッド・チャンドラーによって作られた

           すぐれた枝変わりが多い

     このエレガンス・スプレンダーは「エレガンス」の

    枝変わりの品種の一つ「C、M、ウイルソン」から出た

              突然変異と言う

     華やかなことが好きだった母の大好きな花の一つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★母の形見(1)折り紙の鶴

0204hahanokatami1

突然に母が星になって8ヶ月が過ぎた

母が残した鶴は形見になってしまった

コタツに入ってコツコツと作品作りに精を出していた母の

姿が今はないことにまだ実感が伴わない

この鶴が我が家に飾られている姿を母は見ていない

心臓が悪い

足が悪い

そんな母が我家に最後に来たのは20年も前のことだった

家を建て替えた時に

どんな事をしても見に行きたいと準備万端整えたが

父が倒れてくる事が出来なかった

それが4年前の事

我家に心を残しながら

母はその生涯を終えてしまった・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★ジーン・クレア (椿2)

0203jinnkurea

                ジーン・クレア

              華やかな外国産の椿

         濃い紅色地に淡い桃色の覆輪が入って

                豪華の一言

      私はどちらかと言うと侘助のような小さな椿が好き

                  でも

        このような華やかな椿を見ると心が騒ぐ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★タイニー・プリンセス (椿1)

Tainipurinnsesu

 

     1959年 現在の天皇と美智子妃のご成婚を記念して

     アメリカで作られたと言う園芸品種

     花弁に見られる小さな乱れが

     花も葉も小さくて日本の椿とは一味違って・・・

     優雅さを讃えて微笑む

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »