« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

★薺・ナズナ・ペンペン草

Photo

 

撫で愛でる菜だからナズナ

夏にはない草だから「夏無」でナズナ

成長したらペンペン草

果実の形が三味線の撥に似ているから

茎を口にくわえ引っ張りながらたたくとペンペンと音がするから

 

Photo_2

 

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★ランの国タイ

2

 

       熱い国の太陽がよく似合う

       デンファレ

       タイ航空のシンボルマークも

       ランだったっけ

       あの日妖しく木に着生して・・・

 

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★梅の花を飾る

Photo

 

       梅の花が咲くのを

       待ちかねて

       家の中のあちこちに

       飾った母

       今同じことをしている私 happy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★梅にメジロ

Photo

 

     梅にウグイス

     昔からそう言われていましたね

     だから梅の花に描かれているこの鳥を

     ウグイスだと信じていました

     メジロだと知ったのは最近のことdespairdespairdespair 

 

Photo_2

 

     画像はブログの友人から頂きました

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★冬に咲くアネモネ

Photo_4

 

      そろりそろりと窺うように

      花びらを開き始めてから

      もう2か月が過ぎたというのに

      まだ散らずに咲き続ける

      辛抱強い花だったのね!

 

      花言葉
        「はかない恋」「恋の苦しみ」「薄れゆく希望」「清純無垢
        「無邪気」「辛抱」待望」「期待」「可能性」

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★ゼラニウム

Photo_3

 

   ゼラニウムと言う花名が

   覚えられずに

   ゼニウムと言っていた近所のおばあちゃま

   銭と言う言葉にかけて覚えたという

   天国でも使っているのだろうかゼニウム

 

   花言葉 

    「慰め」「真の友情」「愛情」「決意」「君ありて幸福」
    (黄)「偶然の出会い」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★ピラカンサ

Photo_2

     雪降る日

     山から下りてくる小鳥たちに

     いやな顔もせずに

     わが身を与えて・・・・・

     今日は太陽に輝く

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★オリヅルラン

Photo_4

 

       夕日が沈む寸前

       一瞬の明るさのなかで

       春を待つオリヅルラン

       小さな花が見られるその日は

       もう少し先ね

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★太郎冠者(たろうかじゃ)

Photo_3

 

  侘助椿

  かって織田有楽斎(おだうらくさい)が

  茶菓として愛好したことから有楽椿とも・・・・・

  たくさんの花を咲かせて

  冬の庭を彩る

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★ツワブキの綿毛

Photo_2

 

     葉が見えなかったら

     まるでタンポポの綿毛

     フェンスから身を乗り出して

     旅立ちの時を待っているのかしら?

     もうすぐ春と言うのに・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★タイニープリンセス

Photo

 

盆栽にとっても合うミニツバキ

でもアメリカ生れよ

天皇と美智子さまのご成婚記念に作られた花

「花弁の乱れが大好き」といった亡き友人

風になって花びらを揺らしているかしら?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★キャプテン・ロー

Photo_3

 

     もう10年も前のこと

     京都を旅した

     小雪が舞う寒い日だった

     平等院山内最勝院に咲いていた

     寒さをものともせずに高く高く・・・

 

Photo_4

 

     唐ツバキ系の代表的な品種の一つです

     中国の雲南省を原産地として

     10メートル以上の大木になります

     葉の数が極端に少なく

     ほかの椿と外観上でも区別がつきます

     花径は15センチにもなる大輪

     関東以西の温暖な地方が生育には適している

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »