« 2009年3月 | トップページ

★北山杉の風景

Kitayamasugi5

 

    川端康成の「古都」に焦がれて

    旅人となった

    北山杉に吸い取られてしまいそうな

    恐怖に一瞬襲われた

    あの日あの時・・・・・

 

 

Kitayamasugi6

 

     双子姉妹の運命を思う

     丸太磨きの砂の音が聞こえて来そうな

     そんな道を歩きながら・・・・・

     古きよき京都が

     ここにある

 

Kitayamasugi2

 

 

 

| | コメント (6)

« 2009年3月 | トップページ