« ★オランダミミナグサ | トップページ

★北山杉の風景

Kitayamasugi5

 

    川端康成の「古都」に焦がれて

    旅人となった

    北山杉に吸い取られてしまいそうな

    恐怖に一瞬襲われた

    あの日あの時・・・・・

 

 

Kitayamasugi6

 

     双子姉妹の運命を思う

     丸太磨きの砂の音が聞こえて来そうな

     そんな道を歩きながら・・・・・

     古きよき京都が

     ここにある

 

Kitayamasugi2

 

 

 

|

« ★オランダミミナグサ | トップページ

「思い出」カテゴリの記事

「旅」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメント欄を催促してすみません。
北山杉はこちらで見かける杉の林とは違いすぎる美しさがあって思わず、何かコメントしたくなったのですね。
人工林の林でもとっても綺麗ですよね。

投稿: ああじゃん | 2009年4月 5日 (日) 07時22分

★ああじゃんさん
こちらこそ済みませんでした。

北山杉の風景は大好きなんです。
この静かな住み渡るような空気が感じられる風景に惹かれます。
ろこのつれづれのブログ友から頂いた画像なんですよ。
ここは人工林の林なんですね。
知りませんでした。

投稿: ろこ | 2009年4月 6日 (月) 00時29分

私達の姿がこの様に全国の皆様に観て貰えるなんて、嬉しいですね。
大感謝!
そうなんですよ、私たちは植林されて、4年に一度無駄な枝を切り取って貰って真っ直ぐな節のない北山杉丸太に育てられるのです。

我々の大敵は春雪なんですよ。
ご覧のような頭でっかちな姿ですから水分が多く、重たい雪が枝に乗っかると腰が曲がったり、腰が折れたりして・・・・。
今年も多くの仲間が被害に遭いました。

話が長くなりそうなので、またの機会に!

投稿: 北山杉 | 2009年4月 6日 (月) 08時10分

★北山杉さんありがとうございます。
わざわざありがとうございました。
おかげさまで素敵な記事ができました。
そして北山杉さんの登場で大変嬉しく存じます。
返答が遅くなってしまいましたことお許しくださいね。

投稿: ろこ | 2009年4月 9日 (木) 18時56分

私たち、北山杉は手入れ(散髪)も終わって、
雨に洗われて新緑の中で行儀良く並んで皆様の
お目にとまるのを待っています。

雪の北山杉とはまた違った私どもを
ご覧になって頂けるを楽しみにしています。

投稿: 北山杉 | 2009年4月25日 (土) 15時02分

★北山杉さん
お待たせして失礼しました。
そうですか。
散髪も終わって新芽の季節でしょうか?
新緑の北山杉みたいですね。

投稿: ろこ | 2009年4月28日 (火) 18時42分

この記事へのコメントは終了しました。

« ★オランダミミナグサ | トップページ